PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

預かりっ子

長期お預かり中の 預かりっ子

人気犬種です
生まれた時から水頭症です
PRAのため目は見えていません。
数年前に膝関節脱臼をしてしまい手術できていません。
現在 三本足歩行です
うまくバランスが取れず トイレも介助が必要です
鼻もほとんど機能していないようで 
お口の前に食事を置かれても口の中に無理やり入れるまでは何かわからないようです
味は感じてくれるので気に入れば食べてくれるのは救いです

そして夏から脱毛が始まり 何度も動物病院に通ったそうですが
検査することなくスルーされてきました

まずい!と思い連れてきたのが10月半ば
その夜発作が起きました
その時は水頭症の発作だと思ったので 飼い主さんに病院に連絡してもらい
薬を持ってきてもらいました
プレドニンとグリセリン
すぐに症状は落ち着きましたが 私が考えてきた病気の検査ができない状態になってしまいました。

疑っていたのは甲状腺もしくは副腎
この二つともプレドニンを飲んでしまえば正常なデータが出ません。
2か月 長い… それでもこの子の病状を把握しないことには治療が始められないし

よし! 気合を入れて 保温 マッサージと4時間おきの栄養・水分補給
たった1.1キロしかなかった体重が少しづつ増え 毛も生えてきました
パッと見 脱毛も気にならなくなったのが2か月後

病院に連絡し診察してもらうことが出来ました
何度もいろいろ検査して でた彼の病名は

非典型的アジソン病

ここからも治療はかなり苦労をし山あり谷あり
一喜一憂の毎日です

そして2月 脱毛が始まり ついた病名が

甲状腺機能低下症

つまり シュミット症候群を発症していました


現在の彼は 
水頭症
膝関節脱臼
失明
アジソン病
甲状腺機能低下症

を抱えています
すべてこの犬種に好発する疾患です

この子の兄弟は今のところ問題ありません
ティーカップ保証という なんだかよくわからない交配で生まれた子です
ネットを見ても 小さい子が注目され こんな子が欲しい!との意見が多いようです

ただ 人間なので 頭があるので 考えてください

見えないところで苦しんでいる命があるのに
その小さい子が必要ですか?
需要があれば作ろうとする 売ろうとするのも人間です
健康な子!というのが需要であれば 無理な繁殖は止められるのではないでしょうか?


彼はいま 怒るという感情表現しかできません。
でも やっと いやだ! やめてよ!という表現ができるようになりました
体調によってはそれすらできない日があります

いつか コントロールができるようになったら しっぽを振ることができるかもしれません
たのしいよ~とほほ笑むことが出来る日まで 頑張って抱きしめていこうと思います。

少しでいいです
動物を迎え入れようと思ったとき 最後まで愛せるか考えてください
そして 最後はきちんと 責任をもって腕の中で看取ってください
スポンサーサイト

| 日常 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://majorkennel.blog110.fc2.com/tb.php/1251-448d8faa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。