≫ EDIT

本日のLEO

朝早く起きた息子にカートでお散歩に連れて行ってもらった
気持ちは歩きたいので 後ろばかり見ていたらしい

相変わらず食べず 点滴300ml
お水は自力で飲むしおしっこも出ている
ただ昨日から夜中に起きている時間が増えた
目を覚ますとじ~っとこっちを見てる
話しかけるor撫でると寝る
痛みがとれないのか?

今朝のうんちは少量 血の匂い
消化器までやられてる
夕方 少しだけ強制給餌をしたらそのまま吐いた

お手上げ

何もしてあげられない
身体の中から溶けてしまうような脱力感
心臓を突き上げられているような…
先代犬たちを送り レナを送り
呼吸が止まった後の絶望感を知っているから
余計にこわい

透析に行こうか…
関節痛も出てるし 呼吸も浅い
数時間じっとしているのは余計に負担だろう

こわい わからない どうしたらいいんだろう

LEOは散歩にも行きたがるし
自力で二階に行こうとする
冷蔵庫を開ければ
「おいしいものくれるの~~~」と走ってくる

まだ 諦めたくない

ごめんよLEO
無理やりお薬飲ませたり 点滴したり
眠いのにマッサージしたり
ご飯食べさせたり 

昔は一口だった量を 三時間かけても食べ終わらない

今日から兄ちゃんはお泊りでお出かけだ
明後日 元気にお帰り~ってお迎えしようね
とはいえ 明後日は病院だった
がんばろ!
スポンサーサイト

| LEO | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LEOの生命力

家で点滴をしていたけれど
ちょっと目を離したすきにレオが点滴を抜いてしまった

前足を痛がるのはリンのせいかな?と思っていたけれど
今まで一度もしなかったのに…
残り分は皮下注射して
本日病院へ

10.45kg 痩せちゃったな~
でも顔はしっかりしているし、体つきもしっかりしてると先生
皮下で300cc入れてもらい 数日は家で皮下注射で様子を見ることにした
吐き気止めと消炎剤と利尿剤を注射しときますね~と言われ帰宅

帰りの車の中LEOがおかしい
おしっこ? リード持ってきてないよ…
吐いた 

車を止め タオルを取りに後ろに下がったところで
LEOが運転席に移動
大量のおしっこ
申し訳なさそうにしているけれど
急いで帰宅
LEOのご希望通りに庭に下すと 歩き方もおかしい
おしっこしながら歩いてる?でも出てない
家に入れて体の確認

後ろ足が硬直してる
LEOの意識はしっかりしてるけど
思い通りに体が動かせないようだ
心拍も呼吸も早い

なんだ? なんで???
病院引き返す?
ミオクローヌスのような動き

なんで???なんで???
薬があわないのか? 車での移動?
頭の病気???

考えている間に落ち着いて お水を飲んで寝た

どっと疲れた

台風で庭がぐちゃぐちゃだし
預かりっ子のリハビリとご飯
ひなのマッサージと Enjiの食事管理
車の中も掃除しないと
やることは山のようなのに足が動かない

頑張ろう LEOも頑張ってる

おとさんの落ち込みが激しい
母は信じるよ!
LEOがもう一度復活してくれることを…

預かりっ子は LEOじぃじが大好き!!
また一緒にお散歩行けるよ!

| LEO | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頑張るLEO

昨日 いつも通りに散歩に行くと足元がふらつく
体調が悪いというよりも足が痛そうでびっこのような…
点滴している方の足だったのでそれかな~?と抱っこで帰宅
家の中では反対の足をかばって歩く

う~~~ん なんでだ?

昼過ぎ 突然母のストーカと化す
不安なのかと抱いていると 呼吸が荒くなり心拍数増加
普通に抱いているのに心臓の拍動が伝わってくる
血圧↑???
しばらく抱いていると落ち着いて寝始めた
その後、水分摂取も拒否

でも急に歩いて(普通に)移動する

そして今日 朝から水分取らないけれど
元気にトイレに走り 走って帰ってきて定例の確認作業をして
マットの上で眠りにつかれた

朝一で病院に向かう
先生は「入院させて点滴しますか?(その場合そのまま亡くなる可能性もあり)
     通院で皮下注射?( 効果は薄いだろう)」と…

病院変えているので伝わらなかったけど(前の病院ではしてた)
何とか家で点滴することを承諾してもらい帰宅

点滴開始するとスヤスヤ寝始め
起きてスムーズに移動 お水も自力で飲んで
慌てて帰ってきた息子とアイスを食べてました

病院では落ち着かなかっただろうし
食べられない今は点滴なければつらいだろう

お話しできないので気持ちがわからないのがつらい

けれど、今日動物病院で看護師さんに
「LEOくん 顔で気持ち訴えてきますよね~ トイレとか水とか
注射いや~とか…」

と言われた

今日も 診察中ずっと母の顔を見て
「おいてくの?帰っちゃうの?」と聞いてきて
点滴の針を刺している間も
「おかあ この人達 おいらに痛いことするんだぞ! 助けないのか?
それでもかあちゃんか? おれ 痛いんだぞ なんか言えよ!」
と 訴えてきます

先生に 表情は~元気そうですね~ と言われました

頑張れ~LEO

もう一回 おいしいものが食べれるといいね

明日も おはよう~って飛びついてきてね

| LEO | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Happy Birthday!!

みんな 10歳のお誕生日おめでとう!!

元気でいてくれるだけでうれしいです

ひなママも Merパパも 元気に おやつクレクレとバタバタしている母のストーカーしてます

元気が一番!

呼んだら来てくれて
美味しそうに食べて
元気に走ってくれる
それだけで・・・充分!
ありがとう 

| ひなbaby | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LEOが

体調悪化し 毎日半日入院し、点滴を受けていましたが
家族、先生と話し合った結果…
しばらく 自宅療養に切り替えました

レナと同じように ゆっくり進行しています

さよならの仕方まで レナの真似っ子

でも おボケさんだから レナみたいに優等生になれなくて…

でも 穏やかで 大きくて 誰にでも優しい LEOが大好きだよ

一緒に 頑張ろうね!

| LEO | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いよいよかな~

きな臭くなってきたこの頃・・・

工作員たちの発言が熱を帯びてきましたね
これはどっちかな?
上海?朝鮮?上かな?下かな? 客家は黙ってるし
発言内容を聞くと出城がわかる

カール・ビンソンはどこに向けて出たかな~
中共のように敵か味方か!で判断してると誤るよ~
どっちにも圧力かけてる
習か江か ではなく習にも江にも
逃げ場がないね 焦るのはわかるけど とんでも発言が多すぎる
洗脳か工作か… 今回は日本人はどっちでも許さないと思う
客家か否かみたいなもんだ

今回の勝負 クリントンが負けた時点で結果は出てると思うけど
共倒れになるか アジアのユダヤが生き残るのか?
まぁ 小さくなっとけ!井の中の蛙は井の中にいろ!

そこは置いといて…
我が家のワンコたちを守るためには国際情報も見とかないと
お薬の在庫切れや急な値上がりは困るから

レオと預かりっ子のご飯はフードってわけにはいかず
新鮮な鶏肉と豚肉が必要で…
おひなさまも免疫抑制剤は切らすことができないし

早く安定しないかな~ 
朝起きるとき ニュースチェックしてまだドンパチ始まってない!
と確認するまでドキドキするのは嫌だ~

トランプはやるよ
問題はアメリカの領土を直接攻撃するかどうか
北朝鮮でなくても
北から買うかもしれないシリアとアフガンを先に叩いた
早急に北をやれない理由は他にある
この問題に下は関係ない
ちょうどいいことに弾劾とかやってるからね~

三代目は動けないだろうから長期戦かな~
とはいえ 今夜かもしれないし

母は強くなってワンコを守らないといけないので
旦那と息子には我が身は我で護れ!とテロ対策のパンフ見せたけど
読んでないだろうな

この問題 奥が深いのでテレビしか見てないお花畑さんに説明すると疲れる
本当に テレビしか見てないと阿保になるよ!
と 孫に言われるジジババ…

| 日常 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

預かりっ子

長期お預かり中の 預かりっ子

人気犬種です
生まれた時から水頭症です
PRAのため目は見えていません。
数年前に膝関節脱臼をしてしまい手術できていません。
現在 三本足歩行です
うまくバランスが取れず トイレも介助が必要です
鼻もほとんど機能していないようで 
お口の前に食事を置かれても口の中に無理やり入れるまでは何かわからないようです
味は感じてくれるので気に入れば食べてくれるのは救いです

そして夏から脱毛が始まり 何度も動物病院に通ったそうですが
検査することなくスルーされてきました

まずい!と思い連れてきたのが10月半ば
その夜発作が起きました
その時は水頭症の発作だと思ったので 飼い主さんに病院に連絡してもらい
薬を持ってきてもらいました
プレドニンとグリセリン
すぐに症状は落ち着きましたが 私が考えてきた病気の検査ができない状態になってしまいました。

疑っていたのは甲状腺もしくは副腎
この二つともプレドニンを飲んでしまえば正常なデータが出ません。
2か月 長い… それでもこの子の病状を把握しないことには治療が始められないし

よし! 気合を入れて 保温 マッサージと4時間おきの栄養・水分補給
たった1.1キロしかなかった体重が少しづつ増え 毛も生えてきました
パッと見 脱毛も気にならなくなったのが2か月後

病院に連絡し診察してもらうことが出来ました
何度もいろいろ検査して でた彼の病名は

非典型的アジソン病

ここからも治療はかなり苦労をし山あり谷あり
一喜一憂の毎日です

そして2月 脱毛が始まり ついた病名が

甲状腺機能低下症

つまり シュミット症候群を発症していました


現在の彼は 
水頭症
膝関節脱臼
失明
アジソン病
甲状腺機能低下症

を抱えています
すべてこの犬種に好発する疾患です

この子の兄弟は今のところ問題ありません
ティーカップ保証という なんだかよくわからない交配で生まれた子です
ネットを見ても 小さい子が注目され こんな子が欲しい!との意見が多いようです

ただ 人間なので 頭があるので 考えてください

見えないところで苦しんでいる命があるのに
その小さい子が必要ですか?
需要があれば作ろうとする 売ろうとするのも人間です
健康な子!というのが需要であれば 無理な繁殖は止められるのではないでしょうか?


彼はいま 怒るという感情表現しかできません。
でも やっと いやだ! やめてよ!という表現ができるようになりました
体調によってはそれすらできない日があります

いつか コントロールができるようになったら しっぽを振ることができるかもしれません
たのしいよ~とほほ笑むことが出来る日まで 頑張って抱きしめていこうと思います。

少しでいいです
動物を迎え入れようと思ったとき 最後まで愛せるか考えてください
そして 最後はきちんと 責任をもって腕の中で看取ってください

| 日常 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT